糸でのリフトアップ

女性

たるんだ皮膚を糸を使ってリフトアップ

ふと鏡に映った自分の顔のたるみが酷く、「いつの間にこんなに老けていたんだろう」と、ショックを隠せない人も多いようです。加齢による皮膚のたるみはスキンケアで改善することが難しく、さらに気が付いた時にはかなりたるみが進行しているというエースも少なくありません。もし、たるみを本格的に改善したいのであれば、美容外科クリニックで受けられる美容整形にチャレンジしてみてはいかがでしょう。東京都内であれば銀座周辺にたるみを解消する美容整形を得意とする、美容外科クリニックが集まっているようです。たるみを取る美容整形には様々な施術法がありますが現在、銀座のクリニックで主流となっているのが針と糸を使ってリフトアップする「スレッドリフト」という方法です。ゴールデンリフトやハッピーリフト、ウルトラVリフトなど術式によって名称が異なりますが、顔に糸を挿入して皮膚をリフトアップするという効果が得られます。スレッドリフトの場合、顔にメスを入れずにたるみを解消できるため術後に、傷跡が残り難いというメリットがあります。顔に挿入する糸にも様々な種類がありますが、近年は時間が経過すると溶けるタイプの糸を使用するクリニックが多いようです。安全性が高くリフトアップ作用の高いスレッドリフトで、年齢を感じさせるたるみを解消してみてはいかがでしょう。

超一流の美容外科クリニックが集まっている銀座では、地方ではまだ行われていない最新の美容整形を導入している所も少なくありません。例えば、顔のたるみを解消するための美容整形として、糸を使ったスレッドリフトも銀座の美容外科クリニックではポピュラーに行われています。スレッドリフトは様々な術式があり、各方法によって費用の相場が少し変わってくるので、事前に平均的な金額をチェックしておくと良いでしょう。挿入した糸による引き上げ効果だけでなく、持続的にコラーゲンの生成を促進させる作用を持つゴールデンリフトの相場は、顔全体に糸を埋め込んだ場合30万円から50万円程度です棘のついた特殊な糸を使用しリフトアップ効果の高い、ハッピーリフトは6本の糸を埋入したケースだと、30万円ほどの費用がかかります。美容整形大国として知られる韓国で誕生したウルトラVリフトは、顔全体に施術を行った場合30万円から50万円ほどの金額になるケースが多いようです。皮膚だけでなくSAMA筋という筋膜も一緒にリフトアップさせる、SAMA法は少し費用が高くなり相場は80万円から120万円ほどです。このように糸を使う美容整形でも術式によって、費用の相場は変わってくるので施術の効果や内容、そして予算に合わせて自分に合った方法を選択すると良いでしょう。